• ホーム
  • 医薬品の基礎知識と体調が悪い時の対処法~運動編~

医薬品の基礎知識と体調が悪い時の対処法~運動編~

2019年08月26日

医薬品とは、病気の治療を目的とした薬のことです。
有効成分の効果が認められており、病院で医師が処方してくれる薬、薬局やドラッグストアで市販されている薬のことをいいます。
風邪薬、胃腸薬、鎮痛剤、目薬、滋養強壮剤などをいいます。
体調が悪い時は何らかのサインが体からきこえてきます。
疲れがたまり、体調が悪い状態になります。
体がだるい、すぐにくたびれる、やる気がしない等の症状があらわれます。
過度の運動では腰痛の原因になります。
そんな時、医薬品に頼る人は体調が悪い原因をしっかり把握し、健康を回復するようにすることが大切です。
蓄積した疲れがやがて病気になることがあります。
病院で診察し、さまざまな症状から医師が判断し、処方した医薬品を飲むことになります。
医薬品の基礎知識をもって対応できることが健康生活を送る上での重要な条件になります。
疲れにくい体を作ることです。
運動で体を鍛えることも、過度の運動による腰痛の原因になります。
正しい知識を持ち、体のバランスをたもつ腰を配慮した生活をすることです。
ストレッチ体操は腰痛予防のための運動となります。
腰の痛みをやわらげる体操です。
背筋と腹筋を鍛え、腰が曲がりのを矯正し、痛みをやわらげます。
また、バランスのとれたストレッチ体操は血液の循環をよくします。
朝、晩2回を習慣にすることで、効果がでます。
腹式呼吸をすることで、腰痛が解消します。
ひざを立てて、あおむけになり、両手をほほにつけ、ゆっくり息をすいこみます。
次に口からゆっくり息を吐きます。
これを繰り返します。
腹式呼吸の姿勢からゆっくり上体を起こします。
肩が床から25cm位上がったところで5秒ほど姿勢をそのまま保ちます。
腹筋を強化し、普段疲れやすく、体調が悪い状態を予防します。